特許取得と安全性

特許取得について

ユニフックシリーズは、日本国内の特許だけでなく、米国特許(US.PAT)も取得しています。

 

安全性について

疲労試験
例えばUH型では、10万回の疲労試験を実施。SH型は、JIS規格に基づく疲労試験を2万回以上を実施しています。

引っ張り試験
すべてのフックについて、JIS規格(JIS B 2803)が定める安全基準を大幅に超える6倍以上の安全設計を行っています。

 

会社概要・社長挨拶
安全 敷鉄板吊具ユニフック開発・製造の
株式会社ユニコンセプトの概要と、代表取締役のご挨拶です。

ユニフック誕生のきっかけ
「ユニフック」はおかげさまで今や建設業界では知らない人はいないくらい浸透し、日本全国に普及しております。 私どもがを開発するに至るまでには、こんな経緯がございました。

特許取得と安全性について
「ユニフック」は国内外の特許を取得しており、またフックの安全基準を JIS規格を超えた厳しいチェックのもと製造しております。